見積額がすべてではない

トラックの模型

見積額通りでは終わらない

引越しをする際は、引越し業者利用することになりますが、その時に注意したい点が見積額通りで終わることが少ないことです。これは、インターネットの一括見積サイトで見積もり料金を出したときによくある話です。インターネット上の見積額は、あくまで目安の金額であり、業者の営業マンが訪問して改めて提示するのが正式な見積額です。インターネット上と差異が出ることがありますが、それは荷物の量に差異があるためです。そのため、改めて業者から正式な見積額を出す場合は、一社だけではなく複数の業者から出すのがベストです。また、見積もりは基本は無料で行いますし、見積もりを出されたから直ぐ契約ではなく、全ての業者から見積もりが出た段階で正式に契約する業者を選びましょう。その場合、契約をしなかった業者へは御断りの連絡を入れるのは忘れずにしましょう。次に、段ボール。これは、自分たちで用意するのがベストです。しかし、足りない場合は業者から無料で段ボールが支給されますが、これには上限があります。上限を超えた場合は別料金が発生してしまいますので注意が必要です。この段ボールの別途料金が予定していた引越し料金より超えてしまうという要因にもなります。引越し当日は、作業員が来ますが、この時は茶封筒にお気持ちとしてお茶代としていくらか包んでおく必要があります。これは強制ではなく、あくまで任意として作業員にお渡しするものです。渡さなかったからと言って作業クオリティーが下がることはありませんが、作業してくれている作業員への感謝の気持ちは大事です。

Copyright© 2019 安く済ませるには、色々と考えてみましょう All Rights Reserved.